2019年08月07日

短作文30日

考える力・学ぶ力の入り口はたくさんあります。
書くことの時間確保が難しいのでなかなか実践にふみきれません。
その中で、6年生に「作文30日」を継続された実践の発表をききまし
実践の発表のテーマは
「自分の力で伝える力の育成<10分間作文を通して子どもにどんな力がついてのか>
短作文の継続を提案した。
毎日10分作文は次のような成果得ることができた。
(1)書くことを継続することによって、書くことへの抵抗が少なくなった。
(2)継続して書くことは書く分量の増加という成果があった
(3)書くことにより、分量も内容も向上をした
(4)学級経営として子どもが素直に書き考えること学級になった
いい作文、深い作文など求めるものが多い中で、全員の子が、それぞれの力を伸ばす場を設けた
実践として貴重でした。
posted by ky at 16:43| Comment(0) | 日記