2019年08月08日

うきくさ句会

ひとつずつ未来の思h捨てゆく秋(今日子)
花合歓や古刹の多き奈良の道(武人)
朝茶漬けゆるく温めて梅雨明ける(近江)
話また元に戻して遠花火(夏生)
朝顔の蔓の先端少年期(幹雄)
風眩し噴水という水柱(静苑)
遠来の友の来訪打ち水す(まさる)
ころころと行方かからず柿の花(となみ)
氷菓売色褪せている旗立てて(幸司)
posted by ky at 05:50| Comment(0) | 日記