2020年04月30日

休校

全校の子ども達に、休校を伝える時、どのようにお話をされたのだろうと
考えています。
「明日から学校へ来なくてよろしい」
「日本中が大変はことになっています。明日から学校はお休みです」
「勉強はおうちでします」等。
いつもと違うことは分かっていても、昨日と今日は何も変わっていないのに
急にその話。学校が休みで嬉しいと思った子もいたでしょう。

4月になって、始業式がはじまりました。
「明日から、おうちが学校です」

学年もクラスも先生も新しくなり「頑張るぞ」と思った矢先です。
「次に学校へ来るのはいつ」
と聞かれても先生は困ります。
子どもも大人も、その時は「5月6日」と思っていました。
その日が近づいてきました。

しかし・・・です。
大人のように、子どもは見通しが持てませせん。
・・・・・
子どもがなんとなく放りっぱなしになっているようで。
そうなりませんように。
よろしくお願いします。
IMG_0193.JPG






きっと校長先生から、全校の子ども達に、
posted by ky at 06:19| Comment(0) | 日記

2020年04月29日

万歩計


万歩計 歩 か さ れ て る 山 の 径
燕 き て 一 気 に 空 が 青 く な る
天 ぷ ら の 油 疲 れ て く る 遅 日
う ら ら か に 二 輌 電 車 の 欠 伸 か な
ぬ く も り が 伝 ふ 絵 手 紙 梅 に お う
IMG_0181.JPG
posted by ky at 07:15| Comment(0) | 日記

2020年04月28日

誌上句会

誌上句会
俳誌『花藻』には「誌上句会」があります。課題となる漢字一文字が示され、その漢字を織り込んで作品にし、投句(一人一句)します。投句は毎月250句前後です。作者名を書いていない作品、250句前後から会員が一人五句を選句し、投句します。その結果が、点数順に発表されるます。7点まで作品が公表されます。(令和2年5月号「和」
  紙漉きの音凍らせて和紙の里   美由紀
  日溜りにいのち和らぐ冬すみれ 秀 湖
  雛の餅少し反りたる日和かな   悦 子
IMG_0189.JPG
  酔う程に昭和の話花の宴 幸 司
posted by ky at 06:06| Comment(0) | 日記