2020年01月08日

新年うきくさ句会

新年おめでとうございます。
うきくさ句会

頑として男切り餅雑煮かな     静苑
難読の文字と対峙す古襖      夏生
初茜墨絵流しの鈴鹿山       まさる
琵琶の水若水となす神の前     今日子
新年の封を切るごと朝日出づ    武人
裸木となりて明日へ息を足す    のりこ
読み札も百人一首色褪せて     近江
睦まじき湯は柔らかに冬の宿    幹雄
大方は下の句忘れている歌留多   幸司
posted by ky at 15:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: