2020年06月07日

うきくさ句会7月

滴りは分厚き森の息づかい     政苑
牡丹散散る風の謀反に油断して   夏生
気の重さ日ごと色濃く梅雨に入る  久子
さざ波す青田の夜の声透けて    今日子
空豆や天に向けてる喉仏      好雄
漁村にも八十八夜の風が吹く    まさる
夏蝶の恋する野菜畑かな      武人
櫓の音に併せて揺るる花菖蒲    近江
蛍狩り闇の深さに驚きぬ      紀子
逆さ比良田植え機走る頂へ     幸司
posted by ky at 07:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: